Translate

2014年2月16日日曜日

クリームバストリートメントのレッスン

日本の皆さん、今年は雪が多くて大変ですね!
ご無事に過ごされていますか?関東地方の方々にとっては、今回のような大雪はあまり慣れていないと思うので、外出の際や、雪かきの際などくれぐれも気をつけて、けがや事故など無いようにとお祈りしています。

こちらバリではただいま29℃、日差しが強いので日中はあまり外を歩きたくなくなっちゃいます。

さて、先週は月曜日からバリ流のヘアケアトリートメント=クリームバスを習いました。

バリへ来たことがある方は、もしかしたらこのトリートメントを受けたことがあるかも知れません。私は今回が始めてでした。先々週に町スパで一度このトリートメントを受けたのですが、終わった後がとても髪がさらさら〜、そして私の頑固なくせ毛もまっすぐーになっていました。

クリームバスの教室にはシャンプー台やスチームタオル用の温蔵庫やマッサージ用のいすがあります。



クリームバストリートメントとは、
①まず始めにシャンプー台にてシャンプー&コンディショナーをします。
②マッサージ用の肘掛け椅子に移り、髪の毛の悩みや髪質に合わせた自然素材が入ったクリームを髪の毛をブロッキングしながら頭皮に塗り、指の腹で細かくスカルプマッサージを施します。クリームが少しヒンヤリしていて気持ちがいい♪
③クリームを髪の中央部、毛先にも丁寧に塗り込み、さらに頭皮をマッサージ。
④クリームを浸透させるためにホットタオルで髪の毛を包み込みます。
⑤ホットタオルで温めている間、今度は肩と腕のマッサージ。バリ式は結構圧がかかるため、強めのマッサージが好みの方には「う〜っ、効く〜っ!」って感じかも。もちろん好みに合わせて、ソフトなマッサージもできます。
⑥肩と腕のマッサージが終わったら、髪の毛のクリームを丁寧に洗い流します。
⑦最後はフランジパニというお花の精油で作ったヘアトニックを頭皮に塗布をしていきながら、スカルプマッサージをしてフィニッシュ。

この流れでだいたい一時間位です。
でも、最初慣れないうちは2時間近くかかってしまって、もちろんずっと立ちっぱなしで、しかもマッサージには圧の加減や筋肉の場所、骨の場所を確認しながらなのでかなり気を使いますし、初めて行う他者へのシャンプーは意外にとても難しく苦労しました。いつも何気に受けていた美容室のシャンプーがいかに熟練されていたかが分かりました。そんなことで、先週は毎日授業が終わるとぐったり、とても疲れていて、ある日は学校から帰ってきて、シャワー浴びて、食事をテイクアウトで済まし、夕方8時前には寝てしまったこともありました。

学校の授業が終わってからも、食堂で少し復習したり、朝少し早く学校に行ってさらに少し復習をしたりして、先週は先々週のバリニーズの時よりも頑張りました。

その結果、金曜日の実技のテストではほぼステップの間違えなし、時間もわずか5分オーバー(前後5分は減点なし)、筆記では100点満点!(内容はバリニーズに比べたらとても簡単ではあったけれども)と、なかなか満足できる結果となりました。

バリニーズの試験が自分で思ってたよりあまり満足できない出来だったので、今回は遊びに行きたい気持ちを抑えつつ、頑張りました。

クリームバスには、バリ島で容易く手に入る野菜や果物やナッツ類を使います。にんじん、アボカド、ライム、キャンドルナッツ、ココナツ、ペパーミントなど。これらを細かく砕いたり、つぶしたり、ジュース状などににしてからベースとなるクリームに混ぜ込みます。ココナツだけは今回、生のココナツではなく粉末状のもので使いました。

にんじんはあまり匂いがないけれど、ココナツやライム&ペパーミントはとても良い香りでした。日本でこのクリームバスをやるには、生のココナツやキャンドルナッツの入手が困難なのでなかなか難しいかも知れませんが、機会ができたら皆さんにできるように技術が風化していかないようにブラッシュアップしなくちゃ、です。

最後に、毎日他の生徒さんや先生方、スタッフさん達と和気あいあいとランチを食べているカフェテリアです。風通しが良くて、静かで心地が良いです〜。



それでは、また〜♪