Translate

2014年2月9日日曜日

タイハーバルボールマッサージのレッスンを受けてきました

今日のバリ島は快晴です!

昨日の夜中3時過ぎからは激しい雷雨があり、3〜4時間激しい雨が降り続いていました。明け方にやっと雨が止み、昨日はタイのハーバルボールマッサージの初級クラスを受けてきました。

バリでタイのマッサージ?と思われるかも知れませんが、タイ在住8年の日本講師の方が今回は特別バリにいらして週末限定レッスンをしてくださいました。私は以前からハーバルボールに関しては興味があったのですが、実際に体験したのは今回始めて!

まず、会場に入るとすぐにふわ〜っとやわらかく甘酸っぱいハーブの香りが漂ってきました。ハーブボールを蒸し器で蒸されていたので、多分その香りなんでしょう。


ハーバルボールマッサージとは、タイで自生している天然のハーブを乾燥させて布に包み、蒸し器などであたためて、全身の肌に直接あてていきながらマッサージをしていく方法だそうです。昔から、タイハーブでの自然療法は民間療法として伝えられ、特に女性の出産後のケアとして腹部にあてるなどして、産後の肥立ちに役立っていたそうです。



ボールの中に入っているハーブは、タイ北部の山奥で暮らす山岳民族の方々の手によって栽培されたハーブが入っています。

生姜、こぶみかんの皮、こぶみかんの葉、タマリンドの葉、ウコン、ガジュツ、レモングラス等。

乾燥した状態で嗅いでも良い香りです。





蒸し器で蒸して暖めると、じんわりハーブのエキスが染み出てきます。


あたためたハーブボールは素肌もしくは衣服の上からでもできるそうです。今回はレッスンなので着衣で行いました。






始めて受けてみた感想は、、、、まるであたたかいお母さんの手で包まれているような、ゆったりした手の動きが穏やかな海の波のような、そしてやわらかいハーブの香りに包まれて自然とやさしく穏やかな気持ちになり、すーっと眠りに誘われます。




今回はとりあえず試しに初級クラスだけの受講でしたが、ハーブボールの魅力に一気にひきこまれてしまいました。そしてまた今度はタイにハーブボールとルーシーダットン(タイの“仙人体操”と呼ばれる自己整体法)を学びに行きたくなってきました。

レッスンの最後はハーブサウナを体験させていただきました。




サウナの中はハーブの香りに満ちていました。

いい気持ち〜


それでは、また♪