Translate

2014年9月10日水曜日

夏休みのご報告その3・イギリスの旅(1)

こんばんは!
昨夜のスーパームーンを皆さんご覧になりましたか?
見た方は、昨日の満月はとってもきれいでしたよね〜。
月の中の餅つきうさぎさんもはっきり見えて、その美しさからつい想像力をかき立てられて『かぐや姫』の話が出来るのも納得できた夜でした。

さて、前回の続きのイギリスの旅のお話です。

アイルランドを後にしてダブリンからロンドンへ。
ロンドンのルートン空港からレンタカーを借りて、ロンドンから約360km北上してミドルズブローという都市へ。こちらに向かった理由は、以前東京に住んでいた友人夫婦を訪ねるため。
この夫婦のお宅で久々の日本食をいただいたり、日本人の奥さんと思い切り日本語での会話ができたことに私の両親はとても喜んでおり、アイルランドで少々ホームシックにかかっていた状態から一気に解放されたようでした。

そして、当初の予定ではミドルズブローからさらに北上し、スコットランドのエジンバラに訪れる予定でしたが、私たちがイギリスにいた8月は、エジンバラではいくつもの大きなフェスティバルが同時期に催されていて、宿泊施設は早い人達は2年も前から予約していたりする程なので、「急に行っても絶対宿は見つからないよ。それこそ、路上で車中泊も出来ないくらいの混雑ぶりだよ」と何人かの人に言われたので、残念ながら断念。

でも、いつかはエジンバラのアートフェスティバルと大道芸や演劇がたくさん見れるパフォーマンスのフェスティバルに行ってみたい!以前に日本のTVで日本人パフォーマーの“がーまるちょば”がこのフェスティバルを紹介していて、それから気になっているんです、エジンバラ。

ということで、ミドルズブローから約85km南下して「北部イングランドの古都」と呼ばれるヨークへ。

ヨークには、北ヨーロッパ最大のゴシック建築寺院であるヨーク・ミンスターが市の中央にあります。入館料10ポンド、シニアは7ポンドだった気がします。
この入館料のすごいのが、この一枚で一年間入場し放題だそうです。
でも外国からの観光客にとっては、一年のうちにそうそう来れたもんじゃないけど。






ヨーク・ミンスター、内部がとーっても綺麗でした!世界最大級のステンドグラスと5300本からなるパイプオルガンがあり、またとても細かい装飾が施された天井や壁。どこを見ても精巧にデザインされていて圧巻です。






午後5時からの聖歌隊の賛美歌も聞けて神聖な気分になりました。

ヨークでは国立鉄道博物館にも行きました。
特に鉄道オタクでなくても楽しめます。

あと、ヨークは街歩きをしているだけでも、石畳の町並みや可愛い店構えのお店などがたくさんあるので楽しい!






乙女心くすぐるポップでキャッチーなルックスのものがたくさんあって、雑貨やお菓子のディスプレー方法など、とても参考になります。






いくつになってもハートをくすぐる可愛いもの探し、やめられない!

それでは今夜はこの辺で。次回はイギリスの旅『コッツウォルズ』編です♪