Translate

2014年9月25日木曜日

ついに!やっと!夏休みの締めくくり-アイルランド再び

もう9月も後半、夏休みの話をするのが季節違いな空気になってきてしまいました…。

なので、もう今年の私の夏休みのご報告は今回で終わりにさせていただきます。

ここまで読んで下さった皆さま、ありがとうございます!!!


というわけで、前回、ロンドンをあとにしてからアイルランド、ダブリンへ戻り、またそこから車で約3時間、夫の故郷へ戻りました。
彼の母が住むその村の近く、モーヒルという村で年に一回の『農業・酪農品評会』に行ってきました。この辺りはさすがに、アイルランドの中でも“超”が付く程“ど田舎”な地域だそうで、この品評会が結構な賑わいを見せていました。





この品評会、なんと牛、馬、犬、鳥、羊、山羊などの動物や、野菜類(にんじん、ジャガイモ、タマネギ、卵、蜜蝋なんかも!)、果ては編み物、カップケーキ、フラワーアレンジメント、写真、粘土細工などなど、生き物や手作りのものなど何でもかんでも品評するらしく、それぞれ分野で選ばれた1位は一体どんな基準で1位なのか??が分からない程バラエティに富んでいて、見ている途中から何だか可笑しくなってきました。











というわけで、今回の私の夏休みは、主にアイルランドとイギリスの田舎や郊外を巡る旅で、のどかな風景と動物、植物、音楽、そしていつでも私たちを温かく迎えてくれるアイリッシュ達、イギリスの人々とふれあった3週間でした。

アイルランドの牧歌的な風景は北海道にそれとなく似ているかも知れません。



最後に、今回の旅で私たちが見つけた秘密の小道をちらりとお見せします。



この小道は湖と川を結ぶ運河沿いにつくられた小道。まるでアイルランドの妖精“レプリコーン”の姿が出てきそうな、とても神秘的な林の中にありました。

たっぷりと水分を含み、やわらかな日差しを浴びた植物達の息づかいや、水を土から吸い上げる音がまるで聞こえてきそうなくらい瑞々しい植物達の住処でした。

私も、清々しく澄んだ空気をいっぱい吸ってきましたよ。生き返る心地!



というわけで、それでは今回はこの辺で。

See you!