Translate

2014年10月28日火曜日

Women's Initiative Forum in Tokyo 2014

今日は、大手町にある日経ホールで開かれた『ウーマンズ・イニシアチブ・フォーラム in Tokyo 2014』を受講してきました。

このフォーラムでは、女性ならではの経験や気付きを起業の動機とした女性起業家を紹介し、第4回目となる今回は新しい発想で事業を展開する3人の女性起業家のお話を聞くことが出来ました。

お一人目は、ご自身のお母様が脳腫瘍を患ったことがきっかけで、香港で車いす利用者のためのバリアフリーのタクシーサービスの事業を立ち上げた起業家の方。
お二人目は、情報検索プラットフォームを開発した 3児の母の起業家の方。
お三人目の方は、東京大学大学院在学中に会社を立ち上げ、その後ミクシィに売却。またその後、シンガポールでスマホのアプリ開発の会社を起業された方。

どの方のお話も刺激的で、情熱的で、かつ起業することに対する気持ちの面でのハードルを下げてくれるようなお話でした。

このお三方のお話の中でも特に印象的だったメッセージをこちらで覚え書きさせていただきます。


・自分自身が「正しい」と思うことをやる。
・“社会に必要とされること×自分にしかできないこと”を追い求める。
・“自分の人生を変えたもの”を広めたいという気持ち。
・「先が見えている環境(安定し何も新しいことが起らない企業に属すなど)」にいることのリスク。新しい情報が入らずに、チャンスを逃しているかもしれない。
・絶対にあきらめない熱意。
・早く、小さく失敗をする。
・夢は大きく、踏み出すステップは小さく、確実に。
・結果を急がない。
・自分の分野以外の人々との交流。意識的に正反対のことをする。
・オープンマインド、オープンアイディア。

などなど、ここには書ききれないくらいのとても参考になるお話でした。




そんな情熱的で活動的で凛とした方々のお話を聞いて、益々これから私が始めていくセラピストという仕事のことに対する情熱がわき上がり、夜風はぴゅ〜っと冷たい夜でしたが、心はあつーい気持ちで帰って来ました。

私の心の中で考えている起業に関する想いというものを、独立すると決意してからずーっとずっと寝ても覚めても考えているのですが、たくさんありすぎてまとまらず(数えたらきっと30個以上はある!)、そのたくさんある内の一番コアとなる想い、いわゆるコンセプトを選び出し磨き上げ、しっかりとした礎にしていきたいと思っています。

それに加えて、「私の得意技は?」「私がやりたいことは?」「社会やひとに役立つこととは?」ということを問いかけ続けたいと思っています。「私がやりたいこと」は分かっても、「私の得意技」や「役に立つこと」って見えていないものです。

というわけなので、現在もそしてこれからも私とお会いして交流してくださっている皆さん、是非私にご意見や、「ミナコって○○が得意だよねー、上手いよねー。」って褒めてくれたり、「○○みたいなサービスがあると良いよね、助かるよね」みたいなアドバイスをいただけると大変嬉しいです!元来内気な性格ですが、独立を機に、これからは出来るだけオープンマインドでやっていこうと思います。

失敗を恐れず、一歩一歩前進。時には立ち止まったり、はたまた戻ってみたりしながら、着実に自分が進みたい道に進んでいきたいと考えています。


んー、やはり今夜はフォーラムのおかげで、いつにも増して我ながらパッショネートのようです。きっと、明日に読んだら「恥ずかし!」って思うんだろうなー。恥ずかしいので、あえて読み返さずに“公開”ボタンをポチッ!